/

相撲協会、5人に抗体 PCR検査は陰性

日本相撲協会は6日、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査で、力士や親方ら協会員約900人のうち5人に抗体が見つかったと発表した。報道陣の電話取材に応じた芝田山広報部長(元横綱大乃国)は現時点でウイルスの陽性者がいないとの見解を示した。

大相撲7月場所(19日初日・両国国技館)の無観客実施を目指す協会は13日の臨時理事会で開催について正式決定する。

検査は全45部屋の希望者が対象だった。ウイルス感染で5月に亡くなった三段目力士、勝武士さん(本名末武清孝)が所属した高田川部屋を除く、44部屋分のデータを公表。891人のうち5人が抗体を持っていた。うち4人は後のPCR検査で陰性と判明。残る1人も5月以前に感染していたとみられ、現在は治癒しているという。検査中に発熱があった協会員もPCR検査を受け、全員が陰性だった。

八角理事長(元横綱北勝海)は「稽古に専念できる環境が整った。場所後にも抗体検査を実施し、協会員の健康管理、感染防止を徹底する」とコメント。芝田山部長は「陽性者がいない状況を保持して場所に臨む。引き続き、外出自粛や手洗い、うがいを励行し、国技館の衛生対策もしていく」と話した。

高田川部屋では勝武士さんの他に高田川親方(元関脇安芸乃島)や十両白鷹山関らの感染も確認されたが、現在は回復している。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン