2019年9月16日(月)

その他スポーツ

井上が12位、川内17位 ボストン・マラソン

2019/4/16 1:34
保存
共有
印刷
その他

【ボストン=共同】第123回ボストン・マラソンは15日、米ボストンで行われ、男子で昨年のジャカルタ・アジア大会覇者の井上大仁(MHPS)が2時間11分53秒の12位で日本勢最上位に入った。序盤は先頭集団でレースを展開したが、30キロすぎから遅れた。

力走する川内優輝(手前右)と井上大仁=同左(15日、米ボストン近郊)=AP

力走する川内優輝(手前右)と井上大仁=同左(15日、米ボストン近郊)=AP

前年優勝の川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)は17位、園田隼(黒崎播磨)は18位だった。優勝はローレンス・チェロノ(ケニア)で2時間7分59秒。女子はウォルクネシュ・デゲファ(エチオピア)が2時間23分31秒で制した。

ボストンは国際陸連が求める条件を満たしていない片道コースのため公認記録とはならない。

車いすの男子は副島正純(ソシオSOEJIMA)が2位に入った。(記録は速報値)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

女子 3位でゴールした小原怜(15日、東京・明治神宮外苑)=共同

 「脚がちぎれそう」になるほどの必死の追い上げも及ばず、4秒差で2位を逃した3位の小原は「またやらかした」。日本勢トップの田中智美にわずか1秒差で敗れてリオデジャネイロ五輪代表を逃した2016年の名古 …続き (0:54)

男子 27キロ付近を力走する(右から)優勝した中村匠吾、3位の大迫傑、2位の服部勇馬(15日、東京・銀座)=共同

 左右に体を揺らしながら必死に食い下がったが、五輪内定まで5秒及ばなかった。「力負け。真摯に受け止めないといけない」。本命視されていた大迫だが、最後までレースの主導権を握れずに敗れ去った。

 設楽の飛び …続き (0:53)

自転車BMXフリースタイルの女子決勝で2位に入った大池水杜(15日、ブダペスト)=共同

 【ブダペスト=共同】若者に人気の都市型(アーバン)スポーツを集めた第1回世界アーバン大会最終日は15日、ブダペストで行われ、東京五輪で新たに実施される自転車BMXフリースタイルの女子決勝で大池水杜( …続き (0:19)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。