/

パ・リーグ、交流戦24試合制維持を確認 セが削減案

パ・リーグは28日、東京都内で臨時理事会を開き、セ・リーグ側が削減を求めている来季の交流戦の試合数について協議し、あらためて現行の24試合制の維持を求めることを確認した。セ側には18試合制を求める意見もあり、8月4日の12球団代表者会議で議論する。

パの理事長を務めるオリックスの村山良雄球団常務は「8年間やってきた24試合制を変更するには大きな理由とファンへの説明がないといけない」と話し、4日の会議に向け「12球団での意見統一につながる努力をしたい」と語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン