プロ野球

中日ドラ1の石川、左肩腱板炎と診断 数日前から違和感

2020/2/17 18:34
保存
共有
印刷
その他

中日は17日、ドラフト1位新人の石川昂弥内野手(愛知・東邦高)が沖縄県沖縄市内の病院で左肩腱板炎と診断されたと発表した。石川昂は練習後、同県読谷村の2軍キャンプ地で取材に応じ「打撃練習の時、左肩に変な痛みがあった。正直できると思ったが、無理するところでもない」と話した。

ランニングなど別メニューで調整した中日・石川昂(17日、読谷)=共同

ランニングなど別メニューで調整した中日・石川昂(17日、読谷)=共同

数日前から左肩に違和感があり、16日の打撃練習では「バットを振ると痛いぐらいになってきた」と説明。17日は練習試合に同行せず、診察を受けた後はランニングなど別メニューで調整した。今後は回復状況を見ながら、打撃練習を再開する予定。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 プロ野球阪神は8日、新型コロナウイルスに感染して兵庫県内の病院に入院していた長坂拳弥捕手(25)が退院したと発表した。当面は関西圏のホテルで自室待機する。阪神では5日に伊藤隼太外野手(30)、7日に …続き (8日 21:14)

 巨人の原辰徳監督は8日、新型コロナウイルス特措法に基づく政府の緊急事態宣言を受け「必ず開幕が来る中で、自分を見つめ直す調整期間。それを高めていってもらいたい」と球団広報を通じてコメントした。
 この日 …続き (8日 18:32)

 日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は7日、緊急事態宣言が発令されたが、延期されているセ、パ両リーグの公式戦の新たな開幕日を今月下旬から5月上旬に決めたいとするスケジュールに影響はないとの認識を示 …続き (7日 21:42)

ハイライト・スポーツ

[PR]