/

リオ五輪の報奨金、最高は内村1000万円 総額1億4600万円

日本オリンピック委員会(JOC)はリオデジャネイロ五輪のメダリストに「金」は500万円、「銀」は200万円、「銅」は100万円の報奨金を支給する。メダルを41個積み上げた結果、その総額は1億4600万円になった。

体操男子個人総合で金メダルを手に笑顔の内村=写真 柏原敬樹

団体やリレー、ダブルスなど複数人で挑む種目は、1人ずつ規定額を払う。複数でメダルを獲得した選手はそれぞれを合算する。最高額は体操男子で2冠に輝いた内村航平(コナミスポーツ)の1千万円で、競泳男子の萩野公介(東洋大)が「金」「銀」「銅」一つずつの合計800万円で続く。

リオ五輪に向けて予算に計上した額をJOCは公表していないが、関係者は「ほぼ想定の額」という。予算に組み込んだ後の6月に規定を変更し、金メダリストへの額を300万円から増やした。今回はのべ17人だから3400万円増加して支払う。ただしメダルを取るであろうと考えて予算に入れた団体球技が出場を逃した分を引いて、プラスマイナスほぼゼロになった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン