スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

徳勝龍、春場所の活躍誓う 母校・近大で優勝報告会

2020/2/3 20:06
保存
共有
印刷
その他

大相撲初場所で20年ぶりの幕尻優勝を果たした平幕の徳勝龍関(33)が3日、大阪府東大阪市にある母校の近畿大で初優勝の報告会に臨み、春場所(3月8日初日・エディオンアリーナ大阪)に向けて「横綱、大関、三役と当たると思う。しっかり準備して、けがなく、大阪場所の土俵で暴れられればいいなと思う」と活躍を誓った。

母校の近大で行われた優勝報告会で「近大マグロ」を贈られた徳勝龍関=中央(3日、大阪府東大阪市)=共同

母校の近大で行われた優勝報告会で「近大マグロ」を贈られた徳勝龍関=中央(3日、大阪府東大阪市)=共同

初場所中の1月18日に近畿大相撲部監督の伊東勝人さんが急逝。悲しみを乗り越えて14勝1敗で賜杯を獲得した。2日は奈良県内の伊東さんの自宅を訪れて線香を上げたという。「監督に出会っていなかったら大相撲の世界にも、近大にも入っていないと思う。手を合わせて優勝しましたと。いい報告ができて良かった」としみじみ語った。

報告会には約千人が集まり、大学が養殖した約142センチ、47キロの「近大マグロ」を贈られた。「おいしいと聞いている。どう食べようか迷っている」と笑みを浮かべた。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

稽古を再開した新大関朝乃山(30日、東京都墨田区の高砂部屋)=代表撮影・共同

 大相撲の新大関朝乃山が30日、東京都墨田区の高砂部屋で稽古を再開し、看板力士として本格始動した。「目標とされる大関になりたい。もう一つ上を目指すには稽古に加え、精神面を強くしないと上がれない」と横綱 …続き (30日 11:20)

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、元幕内の幕下蒼国来(36)=本名エンクー・トプシン、中国出身=が同日付で引退し、年寄「荒汐」を襲名して部屋を継承することを承認した。
 相撲協会に …続き (26日 21:15)

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響が懸念される夏場所(5月10日初日・国技館)の開催形式について話し合い、継続審議とした。
 春場所と同様の無観客や …続き (26日 21:11)

ハイライト・スポーツ

[PR]