/

阪神・西勇、自分流貫き調整 「焦らず逆算しながら」

貫禄たっぷりの独自調整だ。阪神の西勇が22日、沖縄県宜野座村で18日以来のブルペン入り。まだ、実戦登板どころか打撃投手も務めていないが「(シーズンへ)しっかり、逆算しながらできたらいい。何も焦っていない」と強気に言った。

ブルペンで投球練習する阪神・西勇(22日、宜野座)=共同

変化球も交え、24球。全力投球というよりは、感覚、フォームを確認するように投げた。自慢の制球力は健在。きれいにミットに吸い込まれた。

キャンプ中に腰の違和感があったもようで、ペースを一度、落としていた。先発ローテーションを長年守った経緯から「蓄積疲労ではないか。逆に休む勇気も必要」。藤川が引退し、能見がオリックス移籍と年長者が去り、投手陣の中心としての自覚がさらに強まったと矢野監督は見る。「自分のやることを分かっている選手。任せている」と全幅の信頼を寄せた。

今季も開幕投手の大本命だが、その先も見据えて力を蓄えていく。「どこで投げるにせよ、その試合だけではない。一年間戦うわけだから」とエースは頼もしく言った。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン