スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

琴奨菊、豊ノ島引退に「対戦したかった」 同期生しのぎ削る

2020/4/20 21:55
保存
共有
印刷
その他

大相撲の元大関で関取最年長の36歳、琴奨菊が20日、電話取材に応じ、小学生時代からのライバルで同学年の元関脇豊ノ島の現役引退を惜しんだ。「何が何でも(もう一度)対戦したかったが……。まだやれると思っていたけど、本人がやり切ったと言うなら納得せざるを得ない。お疲れさま」と受け入れた。

琴奨菊は引退発表の17日夜、テレビ電話で話したと明かした。「今までありがとう」と感謝を伝えると、井筒親方となった盟友はほっとした表情を浮かべたという。

両者は2002年初場所同期生で、常にしのぎを削ってきた。新十両と新入幕は豊ノ島が先で、琴奨菊は「番付の東西が違うだけでも悔しかった」と強く意識。初優勝した16年初場所では唯一の黒星を付けられた。

好敵手を失ったベテランは、2週間延期となった夏場所(5月24日初日・両国国技館)へ鍛錬している。所属する佐渡ケ嶽部屋は大所帯。力士を2班に分け、時間を区切って稽古しているという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 大相撲の大関朝乃山は22日、東京都墨田区の高砂部屋で稽古し、報道陣の電話取材に応じた。幕下力士と15番ほど取ったといい「感覚は戻ってきた。26日には番付発表なので、気持ちも高めていく」と言葉に力を込 …続き (22日 20:18)

合同稽古を終え、記念撮影する白鵬=後列中央(22日、両国国技館の相撲教習所)=代表撮影・共同

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向け、出稽古希望者を対象とした合同稽古は22日、最終日を迎え、横綱白鵬や関脇御嶽海ら関取8人が国技館内の相撲教習所で汗を流した。これまで参加していた新 …続き (22日 18:09)

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向けた合同稽古が21日、国技館内の相撲教習所で行われ、右膝負傷で2場所連続休場中の横綱白鵬が新大関正代に19勝1敗と順調な回復ぶりをアピールした。注目 …続き (21日 16:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]