/

五輪代表の芳田が優勝 柔道マスターズ

女子57キロ級で優勝し、金メダルを胸に表彰式でマスク姿の芳田司(11日、ドーハ)=国際柔道連盟提供・共同

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会は11日、ドーハで開幕して男女計5階級が行われ、女子57キロ級で東京五輪代表の芳田司(コマツ)は決勝でサラレオニー・シシケ(フランス)に一本勝ちして優勝した。

女子48キロ級で東京五輪代表の渡名喜風南(パーク24)は決勝で2019年世界選手権3位のディストリア・クラスニチ(コソボ)に一本負け。準決勝で世界選手権2連覇中のダリア・ビロディド(ウクライナ)に優勢勝ちして5度目の対戦で初勝利を挙げたが、最後に力尽きた。ビロディドは3位だった。

女子52キロ級で元世界女王の志々目愛(了徳寺大職)は決勝でアマンディーヌ・ブシャール(フランス)に敗戦。男子の60キロ級と66キロ級に日本勢は出場していない。

大会は五輪、世界選手権に次ぐ格付け。新型コロナウイルスの影響で日本勢は昨年2月以来の国際大会となった。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン