/

富士通が2年ぶり優勝 アメフトの社会人エックスボウル

オービック―富士通 第3クオーター、富士通のRBゴードンがタッチダウンを決める(12日、東京ドーム)=共同

アメリカンフットボールの日本社会人選手権決勝「ジャパンエックスボウル」は12日、東京ドームで行われ、富士通がオービックに16-3で快勝し、2年ぶり2度目の優勝を果たした。

3本のFGを決め、得点を重ねた富士通は前半を9-0で折り返すと、第3クオーター終盤にRBゴードンがTDランを決め、16-3とリードを広げた。守備陣はオービックにTDを許さなかった。最優秀選手にはQBキャメロンが選ばれた。

富士通は全日本大学選手権決勝「甲子園ボウル」(18日・甲子園球場)の勝者と、来年1月3日の日本選手権「ライスボウル」で対戦する。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン