/

「元気な動き」と山中監督 IH女子が初練習

試合会場での初練習で、選手に説明するアイスホッケー女子の山中監督=右端(5日、江陵)=共同

【平昌=共同】アイスホッケー女子の日本代表が5日、平昌冬季五輪の試合会場となる関東ホッケーセンターで初めて練習を行い、10日のスウェーデンとの1次リーグ開幕戦に向けて約1時間半調整した。山中武司監督は「ばたばたしていたが、元気な動きはしていた。6日から徐々に上げていきたい」と穏やかな表情で意気込んだ。

練習の冒頭は無人のゴールにシュートをしたり、ゴール裏でのパス回しをしたりと、氷の感触を含めて大会の舞台を入念に確認した。大沢ちほ主将(道路建設ペリグリン)は「ソチと似ていて(照明が)五輪独特の明るさだった。試合をしたら気持ちいいだろうなと思った」と本番へのイメージを膨らませた。

日本は12日にスイス、14日は韓国と北朝鮮の南北合同チーム「コリア」と顔を合わせる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン