/

広島・菊池涼、現状維持3億円 二塁手で初の守備率10割

広島の菊池涼介内野手が21日、マツダスタジアムで契約交渉に臨み、現状維持の年俸3億円プラス出来高払いで更改した。二塁手として史上初の守備率10割で、8年続けてゴールデングラブ賞を獲得。ベストナインにも3年ぶりに輝き「本当に頑張ってくれたと言ってもらえたので、うれしかった」と目尻を下げた。

契約更改を終え、記者会見する広島・菊池涼(21日、マツダスタジアム)=共同

ポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指したが、断念して臨んだ今季は106試合で打率2割7分1厘、10本塁打、41打点。4年契約の2年目となる来季へ「チームが勝って、こういういい成績が残せましたと自信を持って言いたい。優勝争いをしっかりしないと」と話した。

松山竜平外野手は500万円増の9千万円プラス出来高払いでサインした。67打点は鈴木誠に次いでチーム2番目。「毎年のように言っている100打点を何とか達成して、優勝、日本一に貢献できたらいい」と意欲を見せた。(金額は推定)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン