/

田中広輔「もう一回強いカープに」 FA権行使せず残留

広島の田中広輔内野手(31)が30日、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留することを表明した。マツダスタジアムで記者会見し「やってきたことをしっかりと評価していただいた。もう一回やってやろうという気持ちになれたので残ろうと決めた」と話した。

FA権を行使せず、広島残留を決め、記者会見に臨む田中広(30日、マツダスタジアム)=共同

昨夏の右膝手術から復帰した今季は112試合に出場し、打率2割5分1厘、8本塁打、39打点、8盗塁。選手会長も務めたが、チームは2年連続のBクラスと低迷し「何とかもう一回強いカープをという思いもあった」と決意を新たにした。

佐々岡真司監督は「1番・遊撃」として期待し「チームの要としてやってほしいと伝えた中で、こういう結果になったのはうれしい」と述べた。

田中広は神奈川・東海大相模高から東海大、JR東日本を経て2014年にドラフト3位で入団。17年に盗塁王、最高出塁率のタイトルを獲得し、俊足巧打のリードオフマンとして18年までのリーグ3連覇に貢献した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン