2019年6月19日(水)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里の綱とりは初V必須 横審、勝利数や内容も重視

2016/5/23 20:27
保存
共有
印刷
その他

横綱審議委員会に臨む守屋秀繁委員長=左から3人目(23日、両国国技館)=共同

横綱審議委員会に臨む守屋秀繁委員長=左から3人目(23日、両国国技館)=共同

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は23日、東京・両国国技館で定例会合を開き、名古屋場所(7月10日初日・愛知県体育館)で綱とりに挑む大関稀勢の里について、守屋秀繁委員長(千葉大名誉教授)は昇進には初優勝が必須とし、勝利数や内容も重視する方針を示した。

稀勢の里は夏場所で2場所連続の13勝。守屋委員長は全勝で37度目の優勝を果たした横綱白鵬と比較し「差があるのかなという印象を受けた。13勝で優勝して、やすやすと(上げて)いいよとなるとは思わない。急いで横綱にすると引退が早くなるのではないかという意見もあった」と述べた。

優勝なら無条件の昇進、賜杯を逃しても14勝なら話題になるという意見の横審委員もいた。昇進問題を預かる協会審判部の二所ノ関部長(元大関若嶋津)は、初優勝を条件に挙げている。

守屋委員長は、白鵬について「圧倒的な強さ」と高く評価。駄目押しととられる行為や、かち上げについては自覚を促す声が出たという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

昇進披露宴で横綱白鵬(右端)、鶴竜(右から3人目)らと鏡開きをする大関貴景勝=同2人目(16日午後、東京都港区)=共同

 大相撲の大関貴景勝の昇進披露宴が16日、東京都内のホテルで開かれ、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)や白鵬、鶴竜の両横綱ら約2千人が出席した。

 22歳の貴景勝は新大関で臨んだ夏場所で右膝を負傷 …続き (16日 16:55)

稽古を再開した大関貴景勝(12日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋)=共同

 右膝負傷のため大相撲夏場所を途中休場した大関貴景勝(22)が12日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋で稽古を再開した。初のかど番となる名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)に向け「一生懸命やって …続き (12日 20:46)

鳴戸部屋の部屋開きで、土俵祭りを見守る鳴戸親方(奥前列の右から3人目)ら(8日、東京都墨田区の鳴戸部屋)=共同

 大相撲の鳴戸部屋の部屋開きが8日、東京都墨田区で行われ、同じ二所ノ関一門の尾車(元大関琴風)、芝田山(元横綱大乃国)両理事らが出席した。土俵祭りの後には大関高安ら一門の関取衆が稽古し、新たな門出を祝 …続き (8日 20:13)

ハイライト・スポーツ

[PR]