2019年9月22日(日)

ラグビー

サンウルブズHC「厳しかった」 2勝14敗で今季終える

2019/6/17 20:08
保存
共有
印刷
その他

スーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズのブラウン・ヘッドコーチ(HC)が17日、2勝14敗に終わった今季を振り返り「かなり厳しいシーズンだった。最後の5、6試合はトップ選手を使えず厳しかったが、序盤はいいラグビーを見せられた」と総括した。コーチとして携わる日本代表の宮崎合宿で報道陣の取材に応じた。

取材に応じるサンウルブズのブラウン・ヘッドコーチ(17日、宮崎市)=共同

取材に応じるサンウルブズのブラウン・ヘッドコーチ(17日、宮崎市)=共同

9月開幕のワールドカップ(W杯)日本大会を控え、今年の代表強化は日本代表候補とサンウルブズの2本立てで進められた。サンウルブズに参加した代表主力は少なかったが、ブラウンHCは「全選手に(強化の)プランがあり、計画に沿ってきた。(評価は)W杯の結果次第」と話した。

第7節までに2勝したもののその後に9連敗でシーズンを終了。「日本代表の選手を入れられず、他の選手の疲労もたまっていい結果を残せなかった」と分析した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

後半、突進する南アのコルビ(左)にタックルするニュージーランドのB・バレット

 両雄対決に敗れた南アフリカは負けて強しを印象づけた。大会のスター候補となりそうな働きを見せたのがWTBコルビ。人垣の僅かな隙間をステップで切り裂き、敵陣深くまで駆ける。敵味方のキックもタイミングのい …続き (21日 23:15)

試合前、戦いの舞「ハカ」を披露するNZ代表(手前)と向き合う南ア代表

 6万3千人の地鳴りのような歓声がスタジアムを埋め尽くす。大会2日目にして組まれた優勝候補同士の一戦。世界が注目する屈指の好カードは、ラグビー強国としての意地の張り合いとなった。

 ニュージーランド(N …続き (21日 23:06)

前半、トライを決めるニュージーランドのブリッジ

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会第2日は21日、横浜市の日産スタジアムなどで1次リーグ3試合が行われ、B組は史上初の3連覇を狙うニュージーランドが2度優勝の南アフリカを23―13で下し、白星 …続き (21日 21:25)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。