/

ラグビー、新リーグ設立へ 準備委で合意

日本ラグビー協会が設置したプロリーグ設立を検討する準備委員会の会合が23日、東京都内で開かれ、2021年秋にトップリーグ(TL)に代わる新リーグの設立を目指すことで合意した。プロ化は前提にせず、今後はTLのチーム関係者を入れた小委員会でリーグ形態などを議論する。会合後、岩渕健輔専務理事が明らかにした。

清宮克幸副会長が当初発表したプロリーグ構想では、TLとは別に21年秋から新設させる方針だったが「プロ化ありき」の議論にTLのチーム側が反発していた。今回の委員会では「国内リーグは一つの大きな枠で進める」(岩渕専務理事)ことで一致し、新設ではなくTLを刷新する形を選択。プロ化や参加チーム数などは現時点で決めず、小委員会で検討することになった。

新リーグの開始時期はプロリーグ構想で掲げた21年秋に設定し、現在の国内最高峰TLは20~21年シーズンで終了させる方針。岩渕専務理事は「ワールドカップ(W杯)日本大会を終えた今後に対する危機感は共有している。なぜ(TLを)変える必要があるかを考えて議論したい」と述べた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン