スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

横審、稀勢の里に「注意」決議も 次の出場場所で不振なら

2018/1/29 20:59
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は29日、東京都墨田区の両国国技館で定例会合を開き、初場所の途中休場で5場所連続休場となった横綱稀勢の里関について、横審の北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は次に出場する場所で不成績の場合に「激励」や「注意」の決議を行うことを示唆した。

稀勢の里関本人は次に出場する場所に進退を懸けると明言している。北村委員長は「非常にファンが期待している力士。この困難を何とか克服してほしい」と再起を願った。ただ、途中休場を重ねる現状に「同じことが続いている。今回もそれを繰り返し、誠に残念だ」と苦言を呈した。

稀勢の里関は左大胸筋などのけがで、横綱として2003年秋場所まで6場所連続で休んだ武蔵丸以来の長期休場となっている。

横審から立ち合いでの荒々しい張り手や肘をぶつけるようなかち上げを批判された横綱白鵬関は、初場所でこれらを封印し、両足親指の負傷で途中休場。北村委員長は「横綱としてあるべき相撲の形、姿を考えている。その努力を引き続きやってほしい」と励ました。

4場所連続休場から11勝を挙げた横綱鶴竜関は、進退問題を乗り切ったとの評価だった。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

貴景勝(左)が突き落としで御嶽海を破る(17日、両国国技館)=共同

 大相撲初場所6日目(17日・両国国技館)大関貴景勝は御嶽海を突き落として1敗を維持した。かど番の大関豪栄道は玉鷲を押し出して2勝目。全勝を守ったのは平幕の正代ただ一人となった。
 新関脇朝乃山は妙義龍 …続き (17日 19:12)

(東) (西)
栃煌13―5魁聖
東龍X―X錦木
照強0―0霧馬
徳勝0―1琴恵
琴奨10―7勢 
志摩1―1千丸
剣翔0―2石浦
千大3―2豊山
隆勝1―2輝 
碧山4―5佐海
松鳳1―2竜電
宝富7―10栃心
明生4―1阿 …続き (17日 18:08)

(勝)       (負)
栃煌山 上手投げ  霧馬山
 勢  押し倒し  木崎海
徳勝龍 引き落とし 照 強
東 龍 上手出投げ 琴奨菊
魁 聖 押し出し  琴恵光
志摩海 寄り倒し  剣 翔
千代丸 突き出し  …続き (17日 18:07)

ハイライト・スポーツ

[PR]