/

バレー柳田が海外挑戦へ 北京五輪代表の山村は引退

バレーボールのプレミアリーグ男子、サントリーは24日、日本代表アタッカーの柳田将洋(24)がプロに転向し、海外挑戦すると発表した。現在、移籍先を探しており、サントリーでのプレーは5月の全日本男女選抜大会が最後となる。

柳田は慶大時代の2013年に日本代表入りし、15年にサントリーに入団。代表チームでも中心を担い「東京五輪出場へ向けて、さらに日々精進していきたい」とコメントした。

また、北京五輪代表の山村宏太(36)は全日本男女選抜大会を最後に現役を退き、同じく元日本代表の阿部裕太(35)も退団する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン