/

ソフトバンク松田宣、現状維持4.5億円 「最多安打狙う」

ソフトバンクの松田宣浩内野手が21日、ペイペイドームで契約更改交渉を行い、現状維持の年俸4億5千万円プラス出来高払いでサインした。2年契約1年目の今季は打率2割2分8厘、13本塁打、46打点に終わり「反省すべき点が多い。(来季は)ヒットにこだわって最多安打を取りたい」と巻き返しを誓った。

来季は、現役時代にともにプレーした小久保裕紀氏がヘッドコーチに就任する。「人間的にもすごい方。何でも聞きたい」と心待ちにした。

今季69試合の出場にとどまった上林誠知外野手は1150万円減の5350万円で更改。前回保留した牧原大成内野手は500万円減の3500万円でサインした。(金額は推定)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン