ラグビー

ラグビーTL、薬物問題で3月開催休止 再発防止へ教育徹底

2020/3/9 18:15
保存
共有
印刷
その他

日本ラグビー協会は9日、トップリーグの日野に所属する選手が今月に麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、再発防止に向けた教育を徹底するため3月中のリーグ開催を休止すると発表した。14日以降に予定されていた3節分の24試合は代替試合を行わない。

昨年にトヨタ自動車に所属していた選手も薬物で逮捕されていることを踏まえ、太田治チェアマンは「日本ラグビー界の存在を揺るがす大きな問題。非常事態」と休止に踏み切った理由を説明。再発防止策として選手に対する薬物検査や講習の実施を検討している。

トップリーグは1月に開幕。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月末~3月上旬の2節分の16試合を延期し、14、15日の第9節からは9日をめどに決める方針だった。今回の決定は感染拡大とは「切り離して考えた」(太田チェアマン)としている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 ラグビーのニュージーランド元代表で2011年、15年のワールドカップ(W杯)で2連覇を果たしたダン・カーター(38)はスーパーラグビーのブルース(ニュージーランド)に移籍すると明らかにした。ロイター …続き (11:29)

 ラグビーのフランス1部リーグは2日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、今季のシーズンを打ち切ると発表した。優勝チームはなく、昇格や降格もない異例の形をとるとしている。
 日本代表のFB松島幸太 …続き (2日 22:04)

 活動終了が決まったスーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズの渡瀬裕司最高経営責任者(CEO)は2日に記者会見し、「2019年ワールドカップへの代表強化という役目は十分に果たせた」と5年間の …続き (2日 17:47)

ハイライト・スポーツ

[PR]