/

杉田・西岡が2回戦へ、江口は敗れる 全豪テニス開幕

【メルボルン=共同】テニスの四大大会第1戦、全豪オープンは15日、メルボルンで開幕し、男子シングルス1回戦で世界ランキング41位の杉田祐一(三菱電機)は第8シードのジャック・ソック(米国)を6-1、7-6、5-7、6-3で破り、初の2回戦進出を決めた。

昨年3月に左膝前十字靱帯を断裂した世界168位の西岡良仁(ミキハウス)は第27シードのフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)に6-3、2-6、6-0、1-6、6-2で勝ち、2年連続で初戦突破。第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)は順当勝ちした。

2回戦で杉田は世界89位のイボ・カロビッチ(クロアチア)、西岡は世界76位のアンドレアス・セッピ(イタリア)と対戦する。

女子シングルス1回戦で江口実沙(橋本総業)はヤナ・フェット(クロアチア)に3-6、2-6で屈した。

昨年の全仏オープン覇者のエレナ・オスタペンコ(ラトビア)はフランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)に6-1、6-4で勝ったが、第5シードのビーナス・ウィリアムズや昨年の全米オープン女王のスローン・スティーブンス(ともに米国)は敗れた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン