2019年6月27日(木)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

相撲協会、暴力撲滅へ研修会 八角理事長「心も鍛えて」

2019/2/4 19:21
保存
共有
印刷
その他

暴力問題の再発防止などを目的とした研修会に参加した元横綱稀勢の里の荒磯親方(4日午後、両国国技館)=共同

暴力問題の再発防止などを目的とした研修会に参加した元横綱稀勢の里の荒磯親方(4日午後、両国国技館)=共同

日本相撲協会は4日、東京都墨田区の両国国技館で暴力問題の再発防止などを目的とした「研修ウイーク」を開始し、力士や親方ら約900人の全協会員を対象に研修会を開いた。内容は非公開で、出席者によると、冒頭の講話で八角理事長(元横綱北勝海)が「危機感を持って、心も鍛えてほしい」などと訴えた。

テーマに「協会員が守るべきこと」を掲げた。有識者による講義では、番付が下の力士も尊重する姿勢を持つことや、不祥事と真剣に向き合い、人ごととして捉えないことなどが伝えられた。

角界では元横綱日馬富士による元幕内貴ノ岩への傷害事件など暴力問題が相次いだ。昨年12月には禁止行為を明確化した「暴力禁止規定」を定めたが、鳴戸部屋の20歳の三段目力士が未成年の弟弟子に暴力行為を働いていたことが1月末に発覚。研修後に力士会会長の横綱鶴竜関は「若い衆も気を付けてやっていかないといけない。一人一人の自覚が大事」と語った。

5日からの研修は各日で対象者を関取、親方らに分け、8日まで実施。芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「(暴力体質が)直らないという指摘をいただくが、撲滅へ向けて淡々とやっていくことが大事」と説明した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

幕下以下の力士に胸を出し、当たりを受け止める貴景勝(27日、名古屋市北区の千賀ノ浦部屋宿舎)=共同

 右膝に不安を抱え、初のかど番となる名古屋場所の出場も不透明な大関貴景勝が27日、名古屋市北区の千賀ノ浦部屋で、名古屋入り後初めて土俵で力士を相手に稽古した。強度を上げ「今日は天候が悪かった割に、膝の …続き (19:11)

二所ノ関一門の連合稽古で汗を流す高安=左(27日、愛知県瀬戸市の尾車部屋)=共同

 大相撲名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)を前に、27日、愛知県瀬戸市の尾車部屋で二所ノ関一門の連合稽古が始まり、初優勝を狙う大関高安は新小結の竜電と三番稽古(同じ相手と続けて取る)に励 …続き (18:02)

朝稽古で汗を流す朝乃山(26日、愛知県蟹江町の高砂部屋宿舎)=共同

 5月の大相撲夏場所で初優勝した東前頭筆頭の朝乃山が26日、愛知県蟹江町の高砂部屋で幕下力士と10番取り、名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)に向けた本格的な稽古を開始した。「前に前に出る …続き (26日 17:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。