/

稀勢の里、横綱昇進が確定 日本出身19年ぶり

横審が全会一致で推薦

大相撲初場所で初優勝した大関稀勢の里(30)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=の横綱昇進が23日、確定した。日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)が同日、東京都墨田区の両国国技館で11人中8人の委員が出席して会議を開き、全会一致で横綱に推薦した。

横綱審議委員会の横綱推薦を受け、笑顔で記者会見する稀勢の里関(23日、東京都江戸川区)

第72代横綱となり、1998年の3代目若乃花以来、19年ぶりに日本出身横綱が誕生する。相撲協会は25日午前に春場所番付編成会議後の臨時理事会で正式に昇進を決定し、伝達式が行われる。

横審の会議は約10分で終了。守屋秀繁委員長(千葉大名誉教授)によると、欠席した3人も賛成の意見を伝えていたという。守屋委員長は稀勢の里について「十分ふさわしい。安定した実力がある。この後も十分活躍してくれる気がする」と評価。推薦の知らせを受けた稀勢の里は江戸川区で記者会見し「ぐっと気が引き締まった。尊敬されるような力士になっていきたいと思うし、もっともっと努力しなきゃいけない」と語った。

稀勢の里は初場所で横綱白鵬を破るなど、14勝1敗の好成績だった。新入幕から所要73場所での昇進は、昭和以降最も遅い。3月の春場所では貴乃花の引退で2003年初場所を最後に途絶えていた日本出身の横綱が14年ぶりに復活する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン