/

女子ゴルフ、渋野「複数回優勝したい」 新シーズンへ抱負

昨夏のAIG全英女子オープンで日本女子ゴルフ界に42年ぶりのメジャータイトルをもたらした21歳の渋野日向子が15日、オンラインでの記者会見に臨み、25日開幕のアース・モンダミン・カップ(千葉)で始まる新シーズンに向けて「複数回は優勝したい。悔いのない年にしたい」と笑顔で抱負を語った。

オンライン記者会見で新シーズン開幕への意気込みを語った女子ゴルフの渋野日向子(15日)=マネジメント会社提供・共同

新型コロナウイルスの感染拡大で目標の東京五輪は1年延期。「ショックだったけど、やることはいっぱいある」と思い直し、新しいトレーナーと「肉体改造」に手を着けた。「体重は3、4キロは増えた。飛距離は10ヤードアップした」と胸を張った。

技術的には昨オフから課題のグリーン周りを徹底して練習。1日に400~500球を打ち込んだ時期もあり、ウエッジは次々と削れて駄目になったという。海沿いで開催されるメジャー大会を意識して転がすアプローチの練習も取り入れた。会見した青木翔コーチは「そこそこやるだろうと感じている。思い切って大暴れしてくれれば」と期待した。

五輪とともに目標の一つだった米ツアーの予選会も今年は中止となった。スケジュールの見通しがたたない状況だが、「目標に変化はない。前に進むのみ」と力強い渋野。10日後に迫る実戦へ「久しぶりなので緊張している。準備ができた、という状況で開幕を迎えたい」と目を輝かせた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン