/

なでしこ高倉監督、五輪メンバー選考「悩んでいる」

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は17日、福島県のJヴィレッジでの候補選手による強化合宿を打ち上げた。東京五輪の18人のメンバー選考について、高倉麻子監督は「レギュラーを半分変えてもチーム力が落ちず、選手の変化で戦術に変化を加えられればと思ってきたが、それが可能になってきた。最後、どう選ぶかは悩んでいる」と心境を明かした。

6月には10日(エディオンスタジアム広島)と13日(カンセキスタジアムとちぎ)で国際親善試合が予定され、その後に五輪代表メンバーが発表となる見込み。監督は「全員で、全力で一日一日を大切にして進んでいけたら」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン