/

ヤクルト、ドラ1奥川と入団合意 背番号は「11」

ヤクルトからドラフト1位指名された石川・星稜高の奥川恭伸投手(18)=184センチ、82キロ、右投げ右打ち=が25日、金沢市内のホテルで入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高払い5千万円、年俸1600万円で合意した。「1軍で安定して2桁勝利を挙げられるような投手になりたい」と抱負を語った。

背番号は球団では荒木大輔、由規ら有望投手が背負った「11」に決まった。「評価していただいてうれしいが、責任がある。頑張っていかないといけない」と表情を引き締めた。

完成度が高い本格派で今夏の甲子園大会では準優勝。球界を代表する投手になる可能性を秘めている。「日本代表に入って活躍できるような選手になりたい。投手として評価されるのは沢村賞。目標は高く持ったほうがいい」と将来像を思い描いた。

来年1月上旬に埼玉県戸田市の選手寮に入り、新人合同自主トレーニングに臨む予定。(金額は推定)〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません