その他スポーツ

森ひかる、世界トランポリン代表に W杯で選考基準満たす

2019/4/22 18:58
保存
共有
印刷
その他

トランポリンのワールドカップ(W杯)シリーズ第2戦は21日、ミンスクで行われ、女子個人決勝で19歳の森ひかる(金沢学院大ク)が56.000点で4位に入った。予選との合計160.340点で日本体操協会の選考基準を満たし、2020年東京五輪予選の世界選手権(11~12月・東京)代表に決まった。

男子個人決勝で堺亮介(星稜ク)は59.295点で6位だった。

東京五輪は男女個人でともに各国・地域最大2人までの16人で争われる。世界選手権の上位8人や来年4月までのW杯シリーズ全6戦で成績上位選手らが五輪出場枠を獲得。日本体操協会は出場枠を手にした選手を五輪代表に決めると定めている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 男子テニスで世界ランキング11位のファビオ・フォニーニ(イタリア)が30日、2年以上にわたって故障を抱えていた両足首の関節鏡手術を受けたことを自身のソーシャルメディアで明らかにした。「ツアーが中断し …続き (31日 17:33)

 陸上男子100メートルの日本記録を持つサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が31日、オンラインで中高生とトークイベントを行い「目標があるだけで、こういう状況でも頑張れる。どんな困難でも乗り越えられ …続き (31日 17:31)

 女子テニスの大坂なおみ(日清食品)が30日、自身のフェイスブックに米ミネアポリス近郊で黒人男性が白人警官に暴行され死亡した事件について投稿し「何に対しても立ち上がらないのであれば、あらゆることに対し …続き (31日 17:31)

ハイライト・スポーツ

[PR]