/

主将の大沢「悔いのない五輪に」 アイスホッケー女子壮行会

平昌冬季五輪に出場するアイスホッケー女子日本代表が22日、東京都内で行われた連盟主催の壮行会に出席し、山中武司監督は「個人的な思いとして、このチームを最後は最高の笑顔で終わらせたい。それにはメダル獲得しかない」と力強く決意を語った。

開催国枠で初出場した1998年長野大会、2014年ソチ大会とも5戦全敗。2大会連続で主将を務める大沢ちほ(道路建設ペリグリン)は「自信を持ってメダルにチャレンジできるチームになったと思う。積み重ねてきたこと、やってきたこと全てを出し切って悔いのない五輪にしたい」と話した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン