スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ボクシング高山のアマ登録調停申し立て、日本連盟は応じず

2018/5/7 19:46
保存
共有
印刷
その他

ボクシングで日本初の世界主要4団体制覇を果たし、アマチュアとして2020年東京五輪出場を目指す高山勝成選手(34)=名古屋産大=が、自身のアマ登録を認めない日本ボクシング連盟を相手に日本スポーツ仲裁機構(JSAA)に調停を申し立てたことに関し、日本連盟は7日に「応じない」と回答をした。

高山選手は大阪市内で練習を公開し「自分の中ですごく不信感がある。もっとちゃんと対応してほしいという思いと願いです」と訴えた。

同席した弁護士によると、同じく申し立ての対象だった日本オリンピック委員会(JOC)からは、調停手続きに応じる意思表示があった。今後はJOCに、日本ボクシング連盟に対して必要な指導をすることなどを求めていくという。

国際ボクシング協会(AIBA)は16年リオデジャネイロ五輪からプロ選手の出場を解禁。日本連盟はプロ経験者の試合出場を認めておらず、吉森照夫専務理事は「元プロ選手を受け入れるかどうかは、(団体の)根幹に関わること。調停で妥協する手続きにはならない」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

WBO総会で表彰を受け、年間最優秀選手に輝いた世界ライト級統一王者ワシル・ロマチェンコ(右)と握手する井上尚弥(5日、東京都内のホテル)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)総会最終日は5日、東京都内で祝賀会が行われ、元WBOスーパーフライ級王者で世界バンタム級2団体統一王者の井上尚弥(大橋)、WBOフライ級王者の田中恒成(畑中)らが出席した …続き (5日 22:25)

 全日本柔道連盟は5日、東京五輪代表選考会の一つであるマスターズ大会(12~14日・青島=中国)の日本代表を発表し、男子は100キロ超級で世界選手権2位の原沢久喜(百五銀行)や100キロ級のウルフ・ア …続き (5日 19:53)

世界戦に向け、調整する岩佐亮佑(4日、ニューヨーク)=共同

 【ニューヨーク=共同】国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級暫定王座決定戦(7日・ニューヨーク)に臨む同級1位の岩佐亮佑(セレス)が4日、ニューヨークで練習を公開し「体調はいい感じ。ガードと …続き (5日 9:27)

ハイライト・スポーツ

[PR]