/

西武・秋山、2億3500万円で更改 複数年契約は断る

今季195安打で3度目の最多安打に輝いた西武の秋山翔吾外野手が3日、メットライフドームで契約更改交渉を行い、1500万円増の年俸2億3500万円プラス出来高払いでサインした。

来季が3年契約の3年目。来季中に海外フリーエージェント(FA)権を取得見込みで、球団からは来季からの複数年契約を提示されたが断り「3年間をやり抜いて、そこからのことになる」と語った。渡辺久信シニアディレクター(SD)兼編成部長は「今のところ、どこに行きたいとかはなかった」と説明した。

今オフ、チームからFAで浅村、炭谷が抜けた。秋山は来季に向け「あれだけ中心にいた選手が抜けて、皆にチャンスがあると思う。自分にとっても挑戦のシーズンになると思う」と話した。

また、栗山巧外野手は700万円増の年俸1億3700万円で更改し「連覇という高い目標を持ってやっていきたい」と力強く話した。(金額は推定)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン