プロ野球

西武・秋山、2億3500万円で更改 複数年契約は断る

2018/12/3 19:18
保存
共有
印刷
その他

契約更改交渉を終え記者会見する西武の秋山翔吾外野手(3日、埼玉県所沢市のメットライフドーム)=共同

契約更改交渉を終え記者会見する西武の秋山翔吾外野手(3日、埼玉県所沢市のメットライフドーム)=共同

今季195安打で3度目の最多安打に輝いた西武の秋山翔吾外野手が3日、メットライフドームで契約更改交渉を行い、1500万円増の年俸2億3500万円プラス出来高払いでサインした。

来季が3年契約の3年目。来季中に海外フリーエージェント(FA)権を取得見込みで、球団からは来季からの複数年契約を提示されたが断り「3年間をやり抜いて、そこからのことになる」と語った。渡辺久信シニアディレクター(SD)兼編成部長は「今のところ、どこに行きたいとかはなかった」と説明した。

今オフ、チームからFAで浅村、炭谷が抜けた。秋山は来季に向け「あれだけ中心にいた選手が抜けて、皆にチャンスがあると思う。自分にとっても挑戦のシーズンになると思う」と話した。

また、栗山巧外野手は700万円増の年俸1億3700万円で更改し「連覇という高い目標を持ってやっていきたい」と力強く話した。(金額は推定)〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 西武は13日、辻発彦監督(60)が就任4年目となる来季も続投すると発表した。昨オフに2年契約を結んでおり、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージで敗退が決まった試合後に居郷肇球団社長から正 …続き (1:21)

六回ソフトバンク1死二塁、今宮が左越えに2ランを放つ=共同

 2併殺、13残塁の非効率な攻めでも結果は大勝。ソフトバンクの強さは際立っていた。
 先行しては追い上げられ、5―3で迎えた七回。代打長谷川勇と今宮の適時打でリードを4点に広げた。その裏、1番秋山から始 …続き (13日 23:51)

六回巨人2死三塁、丸が投前に勝ち越しのバント安打を決める=共同

 勝負師の勘がさえ渡った巨人の決勝点だった。1―1の六回2死三塁で、打席には丸。好投を続ける西との真っ向勝負を誰もが固唾をのんで見守った初球、3番打者は三塁線へのセーフティーバントを敢行した。意表を突 …続き (13日 23:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]