オリパラセレクト

フォローする

東京パラ、陸上1種目を除外 実施数は539に

2019/12/2 21:54
保存
共有
印刷
その他

2020年東京パラリンピックの陸上で、実施の可否が審議されていた女子100メートル(車いすT52)が除外されることが2日、明らかになった。東京大会で見込まれる参加選手数が既定の条件に満たず、国際パラ陸連から通知を受けた日本パラ陸連が発表した。パラリンピックの実施種目数は540から539に変更となる。

国際パラリンピック委員会(IPC)は「パラリンピックでの実施には、個人種目は6選手以上のエントリーが必要」と定めている。11月の世界選手権(ドバイ)で障害の重い同クラスの出場は5選手にとどまった。世界選手権は田中照代(TIR)が2位、木山由加(オー・エル・エム・デジタル)が3位に入り、東京大会でメダル獲得が期待されていた。

同じく審議されていた男子走り高跳び(義足T64)は実施が決まり、パラリンピックの内定基準を満たしていた鈴木徹(SMBC日興証券)が6大会連続の代表に内定した。異なる障害がある男女2選手ずつが走る400メートルユニバーサルリレーも実施が確定した。〔共同〕

オリパラセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラセレクト 一覧

フォローする
スポーツメーカーのイベントに参加した競泳男子の瀬戸大也(3日)=共同共同

 来夏の東京五輪で複数の金メダル獲得が期待される競泳男子の瀬戸大也(ANA)が3日、スポーツメーカーのイベントにオンラインで参加し、現状について「練習は再開しているが、身が入らず休んでしまう日もある。 …続き (8/3)

 陸上の女子マラソンで五輪2大会連続メダリストの有森裕子さんと、男子400メートル障害で日本記録を持つ為末大さんが3日、オンラインで行われた記者会見で、開催可否が割れる来夏の東京五輪への持論を語った。 …続き (8/3)

オンラインで記者会見するセーリング女子470級五輪代表の吉田愛(3日午後)=共同共同

 来年の東京五輪に向けて7月20日から五輪会場の神奈川・江の島で合宿しているセーリングの五輪代表選手たちが3日、オンラインで記者会見し、金メダル候補に挙げられる女子470級の吉田愛、吉岡美帆組(ベネッ …続き (8/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]