/

文科省、東京五輪へ各競技の目標集約 成果主義も導入

2020年東京五輪に向けた選手強化費の配分に成果主義をより厳格に導入するため、文部科学省が初めて取りまとめた各競技団体の目標設定が20日、明らかになり、世界選手権など15年度の主要国際大会で各競技が目指すメダル数、入賞数が明確になった。国からの強化費増が見込まれる中、強化計画と達成度をチェックして効果的な配分につなげる狙いがある。

世界選手権では、陸上(8月・北京)が2つ、競泳(7~8月・カザニ=ロシア)が複数、体操(10~11月・英グラスゴー)が男子で6つ、女子で1つのメダルを目標とした。レスリング(9月・米ラスベガス)は女子で5つ、男子はフリースタイルで1つ以上、グレコローマンで1つのメダルを目指す。サッカー、ラグビー7人制、ホッケーは来年のリオデジャネイロ五輪出場枠獲得を目標に盛り込んだ。

文科省は、夏冬の五輪で実施されている競技の団体全てに目標の提出を求めた。達成度は、競技団体の組織運営の健全性などとともに、次年度以降の強化費配分を決める際の評価対象になる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン