/

バレー新鍋理沙、引退会見 五輪延期で決断

バレーボール女子で2012年ロンドン五輪銅メダリストのアタッカー新鍋理沙(29)が29日、オンラインで引退記者会見を開き「納得できないプレーでコートに立つことは、自分自身が納得できない。潔く第一線から身を引く決断をした」などと時折涙ぐみ、心境を語った。今後は「バレーの魅力やチームスポーツの素晴らしさを伝えていきたい」と思い描いた。

記者会見するバレーボール女子の新鍋理沙(29日)=SAGA久光スプリングス株式会社提供・共同

決め手となったのは、4年ほど前から痛めていた右手の人さし指の状態だった。だましだましやってきたが、今年2月に代表合宿が始まった際には「パスをする時も少し痛くなってしまった」という。

東京五輪が来夏になったことで4月に手術。リハビリに励んだが「1年後に今よりもいい状態でプレーできるのか考え、あまり自信を持ってできると思えなくなってしまった」と説明した。もともと今夏の東京五輪限りでの引退を決めていたことも明かし、延期について「絶望。1年はとても長く感じた」と話した。

日本の28年ぶりの五輪銅メダルとなったロンドン大会を「自分のバレー人生の中ですごく大きな経験だった」と振り返った。

引退は所属先の久光製薬が20日に発表した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン