プロ野球

現役ドラフト、20年シーズン導入も 選手会・NPBが意見交換

2019/8/26 20:56
保存
共有
印刷
その他

日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の事務折衝が26日、東京都内で開かれ、他球団の現役選手を指名して移籍させる現役ドラフト制度の導入へ向けて意見交換した。炭谷銀仁朗選手会長(巨人)は「2020年シーズンから行いたい」と来季の導入を目指す意向を示した。

現役ドラフトは出場機会に恵まれない選手を救済するため選手会が実現を求めており、NPB側も導入には前向きな姿勢を見せている。開催時期や対象となる選手の条件、人数などは今後詰める。NPB側の窓口を務める阪神の谷本修球団本部長は来年の導入について「引き続き相互で検討する。協議がまとまれば、そうしたいと思っている」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

中日の打撃コーチに就任が決まったアロンゾ・パウエル氏(18日、ナゴヤ球場)=共同

 中日は18日、球団OBで、3年連続で首位打者の実績を持つアロンゾ・パウエル氏(54)が来季1軍、2軍巡回の打撃コーチに就任すると発表した。この日、来日して契約したパウエル氏は「ベストを尽くす。いろん …続き (0:25)

甲斐野は韓国打線を3者凡退に封じた

 野球の東京五輪予選を兼ねた国際大会「第2回プレミア12」決勝で、日本は韓国に5―3で逆転勝ちし、初優勝した。狙い通りに世界一を手にした侍ジャパンだが、2次ラウンド以降の5戦は全て2点差以内と紙一重の …続き (18日 23:06)

契約更改を終え、記者会見する日本ハムの吉田輝星投手(18日、千葉県鎌ケ谷市)=共同

 日本ハムの吉田輝星投手が18日、千葉県鎌ケ谷市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、30万円増の年俸1030万円でサインした。秋田・金足農高から入団し、新人だった今季は4試合に登板して1勝3敗、防御率 …続き (18日 21:26)

ハイライト・スポーツ

[PR]