サッカー

FIFAの日本視察スタート 23年女子W杯招致を目指す

2020/2/24 20:07
保存
共有
印刷
その他

日本が招致を目指すサッカーの2023年女子ワールドカップ(W杯)で、国際サッカー連盟(FIFA)の日本視察が24日、スタートし、開幕戦会場として提案している国立競技場などを確認した。視察は非公開で行われ、日本サッカー協会が明らかにした。27日までの4日間で埼玉、大阪、京都などを回る。

日本協会の田嶋幸三会長は「07年から開催を目指してきた。開催能力や経験、情熱がある」と訴えた。女子日本代表「なでしこジャパン」の高倉麻子監督、元日本代表の澤穂希さんもプレゼンテーションした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

YBCルヴァン・カップの鳥栖戦前半、ヘディングシュートを止められ苦笑いするサッカーJ1横浜FCの三浦知良(左)。大会最年長出場記録を更新した(5日、佐賀県鳥栖市の駅前不動産スタジアム)=共同

 Jリーグ・YBCルヴァン・カップ1次リーグ第2節(5日・三協フロンテア柏スタジアムほか=7試合)新型コロナウイルスの影響による中断が明け約半年ぶりに実施され、D組は柏が湘南を1―0で下して2連勝の勝 …続き (5日 21:59)

 J2東京Vは5日、MF藤本寛也(21)がポルトガル1部リーグのジル・ビセンテに来年5月末までの期限付きで移籍すると発表した。8日の琉球戦が東京Vでの最終戦となる。
 山梨県出身の藤本は下部組織から20 …続き (5日 17:58)

 サッカーJ1横浜FCの元日本代表FWで53歳の三浦知良が5日、佐賀県鳥栖市の駅前不動産スタジアムで行われるYBCルヴァン・カップの鳥栖戦で先発メンバー入りした。
 今季の公式戦で初めてピッチに立つこと …続き (5日 17:33)

ハイライト・スポーツ

[PR]