2019年6月17日(月)

プロ野球

巨人・上原が引退 日米21年、現役最年長44歳で

2019/5/20 18:42
保存
共有
印刷
その他

日米通算21年で134勝を挙げたプロ野球巨人の上原浩治投手(44)が20日、東京都内のホテルで記者会見し「本日をもちまして21年間の現役生活を終えたいなと思います」と目を潤ませながら引退を表明した。

引退を表明する巨人の上原浩治投手(20日、東京都内のホテル)=共同

引退を表明する巨人の上原浩治投手(20日、東京都内のホテル)=共同

昨季、10年ぶりに日本球界に復帰したが、昨秋に左膝を手術。現役最年長で迎えた今季は1軍での登板がなかった。「体自体はいい状態の中で、2軍戦で通用しなかった。8、9月にチームが首位を争うときにこういう会見をするのは違うと思った」とシーズン途中で決断した理由を語った。

上原は1999年にドラフト1位で巨人に入団し、1年目に20勝を挙げるなど主なタイトルを独占。フリーエージェント(FA)権を行使して2009年に米大リーグに移籍。メジャーでは主に救援として活躍し、13年にはレッドソックスで21セーブ、防御率1.09の好成績を挙げ、ア・リーグ優勝決定シリーズでは最優秀選手(MVP)に選ばれ、ワールドシリーズ制覇にも貢献した。

通算成績は日本では112勝67敗33セーブ、防御率3.02。大リーグでは22勝26敗95セーブ、防御率2.66だった。中継ぎ投手に記録されるホールドは日本で23、メジャーで81をマークし、日米通算で100勝、100セーブ、100ホールドの"トリプル100"を達成。先発、中継ぎ、抑えの全てで実績を残した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

四回西武1死二塁、森が右中間に勝ち越し二塁打を放つ=共同

 西武とヤクルトはともに攻めは派手だが、失点数はそれぞれのリーグで目下ワーストだ。数字が表すとおりの、にぎやかな点の奪い合い。勝負の分かれ目は序盤にあった。
16日のプロ野球 結果と戦評

 二回無死、 …続き (16日 20:05)

7回3失点でリーグトップに並ぶ7勝目を挙げた巨人・菅野(16日、札幌ドーム)=共同

【オリックス5―5阪神】阪神が5点差を追い付き、延長十二回引き分け。七回に大山の二塁打などで3点返し、九回2死から代打福留が2点二塁打を放った。延長に入ってドリスらがピンチをしのいだ。田嶋の快投も絡ん …続き (16日 19:07更新)

九回1死二、三塁、ロメロがサヨナラの左犠飛を放つ=共同

 最後は頼れる3番、4番が試合を決めた。オリックスは阪神との“関西ダービー”を2夜連続で終盤にひっくり返し、この日は歓喜のサヨナラ勝ち。逆転勝ちは3試合連続となり、西村監督は「選手全員が(試合は)最後 …続き (15日 23:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]