/

アイスホッケー女子、平昌五輪最終予選へ「順調」

チェコ遠征から帰国したアイスホッケー女子の日本代表が19日、来年2月に北海道苫小牧市で行われる平昌冬季五輪最終予選に向けて羽田空港で記者会見し、主将の大沢ちほ(道路建設ペリグリン)は「ソチ(五輪)で1勝もできなかった悔しさをバネに頑張ってきた。強みのスタミナとスケート力を生かしていきたい」と意気込んだ。

最終予選で日本はドイツ、オーストリア、フランスと1枠を懸けて対戦する。チェコで行われた4カ国大会ではオーストリアを含む3カ国に全勝し、山中武司監督は「順調に仕上がっている。2月に向けて攻撃も守備もベストな状態で臨みたい」と自信を見せた。大沢は「普段応援してくれる人の目の前で出場権を獲得できる貴重な機会。必ず恩返しができるよう結果にこだわっていきたい」と述べた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン