/

サッカーU22代表、国内合宿スタート 17日コロンビア戦

サッカー男子の東京五輪世代、U-22(22歳以下)日本代表は11日、国際親善試合のU-22コロンビア戦(17日・エディオンスタジアム広島)に向けて広島市内で合宿を開始し、板倉(フローニンゲン)や小川(水戸)ら14選手がリフティングなどで軽めに体を動かした。

久保建(マジョルカ)や堂安(PSVアイントホーフェン)ら海外組の大半は今後合流する。

今回がこの世代の国内初戦で、森保監督が「現時点のベストメンバー」と評する顔触れで東京五輪へ本格スタートする。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン