2019年4月25日(木)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里、白鵬と稽古で「目覚めた感じ」
名古屋出場は不透明

2018/7/2 17:13
保存
共有
印刷
その他

横綱稀勢の里(左)と稽古する横綱白鵬(2日、名古屋市の九重部屋宿舎)=共同

横綱稀勢の里(左)と稽古する横綱白鵬(2日、名古屋市の九重部屋宿舎)=共同

大相撲名古屋場所(8日初日・ドルフィンズアリーナ)への動向が注目される横綱稀勢の里が2日、名古屋市東区の九重部屋で、同じく出稽古に来た横綱白鵬と昨年の春場所前以来、約1年4カ月ぶりとなる熱のこもった稽古を披露した。7場所連続休場中の稀勢の里は2勝8敗だった。

3日に32歳になる稀勢の里は体をぶつけるような押し合いや、右上手を引くとがむしゃらに寄るなど必死さが前面に出た。腰高や相手の突き、押しに膝から崩れるように倒れるなど不安も多い内容だったが、久々に生き生きとした表情を見せた。出場可否は不透明で、復活への見通しが厳しい状況に変わりはない。ただ「目覚めた感じがしました。しっかりやる」と意味のある刺激を味わったようだった。

偶然重なった出稽古先で声を掛けたのは白鵬。強烈な右張り手や、相手の得意の左四つでかいなを返して上手を許さないで寄り切るなど、厳しい攻めで終始優勢だった。

何度も名勝負をしてきた宿敵と、横綱同士の対戦は実現していない。白鵬は「(稀勢の里は)良かった。横綱になった者しか気持ちは分からない。稀勢関は横綱として千秋楽まで取り切った経験が少ない。何とかこの危機を乗り越えてもらいたい」とエールを送った。〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

横綱白鵬関=共同

 日本相撲協会は24日、東京都内のホテルで臨時理事会を開き、春場所千秋楽(3月24日)の優勝インタビューの最後に観客とともに三本締めを行った横綱白鵬関(34)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル …続き (24日 20:09)

 日本相撲協会は23日、大相撲春場所千秋楽(3月24日)の優勝インタビューの最後に横綱白鵬が観客とともに三本締めをしたことが問題視された件で、白鵬や師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)の処分を協議する臨時 …続き (23日 17:01)

大相撲春場所で優勝し、パレードでファンに手を振る白鵬(3月24日)

 大相撲の横綱白鵬関(34)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、宮城野部屋=がモンゴル国籍の離脱を同国政府に申請していることが17日、分かった。角界関係者が明らかにした。日本国籍取得の手続きのためとして …続き (17日 12:32)

ハイライト・スポーツ

[PR]