/

阪神・原口が1軍復帰へ 1月に大腸がん手術

1月に大腸がんの手術を受けたプロ野球阪神の原口文仁捕手(27)が、1軍に復帰することが決まった。セ、パ両リーグの交流戦が開幕する4日に出場選手登録される見通し。千葉市のZOZOマリンスタジアムで行われるロッテ戦を控え、3日に同市内で取材に応じた原口選手は「かなりの緊張感、楽しみとわくわくが両方あります。1軍に来たら結果が全て。気持ちを強く持って戦っていきたい」と意気込みを語った。

1軍に復帰することが決まり、取材に応じるプロ野球阪神の原口文仁捕手(3日、千葉市)=共同

原口選手は昨年末に受けた人間ドックで大腸がんと判明し、1月24日に公表した。順調に回復し、3月7日に手術後初めてチームに合流。5月8日に2軍戦で実戦復帰し、2日の試合では復帰後初本塁打を放った。

1軍昇格を決めた矢野燿大監督(50)は「パワーみたいなものを持ってきてくれると思うし、皆さんを元気にしてもらえるようなプレーをしてくれることを、めちゃくちゃ楽しみにしている」と期待を寄せている。

原口選手は東京・帝京高から2010年にドラフト6位で入団。勝負強い打撃が持ち味で、昨季は代打で23安打し、桧山進次郎氏の球団シーズン最多記録に並んだ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン