/

フィギュア織田氏、関大監督を退任 「多忙で時間取れず」

関大は9日、フィギュアスケート男子で2010年バンクーバー冬季五輪代表の織田信成氏(32)がアイススケート部の監督を同日付で退任すると発表した。「(多忙で)監督としての時間が十分に取れない」との申し出があったという。後任は未定。

17年4月に就任した織田氏はマネジメント会社を通じ「指導者としての活躍の場を広げ、これから日本フィギュア界を背負って立つ選手を育てられるよう、より一層の努力をしてまいります」とのコメントを出した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン