/

広島・佐々岡監督「若手がアピールした」 キャンプ打ち上げ

広島が1日、沖縄県沖縄市での春季キャンプを打ち上げた。就任2年目の佐々岡監督は「底上げを課題とした中で、若い選手はいいアピールをしてくれた。まだまだレギュラーとの差はあると思うが、生き残るという気持ちが前面に出ていた」と総括した。

春季キャンプ最終日、取材に応じる広島・佐々岡監督(1日、沖縄市)=代表撮影・共同

課題の救援陣で新人3投手が持ち味を出し「本当にいい投球をしてくれて、期待通りにキャンプを終われるのではないかなと思う」と目尻を下げた。ドラフト1位の栗林(トヨタ自動車)は「たくさんのアドバイスをもらいながら、自分のペースでやることができた」と充実感を漂わせた。

野手はチーム打撃や走塁練習、作戦面の確認に重点を置き「次の塁にという意識づけはできた」と監督。菊池涼とともに上位打線でけん引役を求められる田中広は「開幕に向けて、細かい部分を突き詰めてやっていければ」と王座奪還へ気合十分だった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン