/

ASの安部篤史が引退 日本男子の先駆者、世界選手権で銅

安部篤史=共同

アーティスティックスイミング(AS)で日本男子の先駆者として活動してきた安部篤史(37)=楓心舘ク=が9日、自身のツイッターで現役引退を表明した。「夢と目標に挑み続けられたこの5年間、たくさんの景色を見させていただいた」と感謝の思いをつづった。

安部は足立夢実(楓心舘ク)とのペアで、混合デュエットが採用された2015年の世界選手権から3大会連続出場。今年7月の世界選手権でテクニカルルーティン、フリールーティンとも銅メダルに輝いた。今後は米ラスベガスに渡り、サーカス劇団「シルク・ドゥ・ソレイユ」出演を目指すという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン