その他スポーツ

ASの安部篤史が引退 日本男子の先駆者、世界選手権で銅

2019/9/9 17:49
保存
共有
印刷
その他

安部篤史=共同

安部篤史=共同

アーティスティックスイミング(AS)で日本男子の先駆者として活動してきた安部篤史(37)=楓心舘ク=が9日、自身のツイッターで現役引退を表明した。「夢と目標に挑み続けられたこの5年間、たくさんの景色を見させていただいた」と感謝の思いをつづった。

安部は足立夢実(楓心舘ク)とのペアで、混合デュエットが採用された2015年の世界選手権から3大会連続出場。今年7月の世界選手権でテクニカルルーティン、フリールーティンとも銅メダルに輝いた。今後は米ラスベガスに渡り、サーカス劇団「シルク・ドゥ・ソレイユ」出演を目指すという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は23日のBSフジ番組で、暑さ対策で五輪のマラソンと競歩を札幌市に変更する案に関連し、他競技にも開催地変更の検討が及ぶ可能性を否定した。「これ …続き (23日 23:15)

 バスケットボール男子のBリーグ1部は23日、川崎市とどろきアリーナなどで9試合が行われ、中地区首位の川崎が三遠を94―87で退け、7勝目(1敗)を挙げた。
 東地区は1位のSR渋谷が宇都宮に81―91 …続き (23日 22:22)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は23日、大会ボランティア約8万人を対象としたインターネットによる「eラーニング」研修を24日から始めると発表した。パソコンやスマートフォンを使って教材の …続き (23日 19:48)

ハイライト・スポーツ

[PR]