サッカー

FC今治のJ3入りを承認 Jリーグ理事会

2019/11/18 19:35
保存
共有
印刷
その他

Jリーグは18日、東京都内で理事会を開き、日本フットボールリーグ(JFL)で元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務め、昇格条件を満たしたFC今治の来季J3参入を承認した。

理事会後に取材に応じた矢野将文社長は「サッカーで強くなるだけではなく、地域とともに日本を元気にするようなクラブになっていきたい」と抱負を述べた。

J1松本は長野県箕輪町、朝日村をホームタウンに追加した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

J1残留を決め、抱き合って喜ぶ湘南イレブン。中央右はぼうぜんとする徳島・清武(14日、BMWスタジアム)=共同

 J1とJ2の入れ替え戦に当たるJ1参入プレーオフ決定戦は14日、ShonanBMWスタジアム平塚で行われ、J1で16位の湘南がJ2で4位の徳島と1―1で引き分け、規定により残留を決めた。
 湘南は前半 …続き (15:50)

クラモフスキー氏=共同

 J1清水は14日、来季の新監督にオーストラリア出身で横浜Mのヘッドコーチを務めていたピーター・クラモフスキー氏(41)が就任すると発表した。篠田善之監督(48)は4強に勝ち残っている天皇杯全日本選手 …続き (14:46)

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、リバプールは13日、クロップ監督との契約を2024年まで延長したと発表した。ドイツ出身で52歳の同監督は15年10月に就任。昨季の欧州チャンピオンズリーグ(C …続き (13日 22:25)

ハイライト・スポーツ

[PR]