/

ザギトワ「準備できている」 フィギュア、今季のフリー公開

【モスクワ=共同】フィギュアスケートのロシア勢が8日、モスクワで今季のフリーの演技を一般公開し、女子で2018年平昌冬季五輪金メダルのアリーナ・ザギトワが「クレオパトラ」を披露し、世界ジュニア選手権2連覇のアレクサンドラ・トルソワが2種類の4回転ジャンプを着氷した。

今季のフリーの演技を一般公開するフィギュアスケート女子ロシアのアリーナ・ザギトワ(8日、モスクワ)=共同

17歳のザギトワは抜群の安定感を見せ「新シーズンが始まるが、あまり神経質にならずに準備できている」と初戦のジャパン・オープン(10月5日・さいたまスーパーアリーナ)に向けて明るい表情だった。

シニアデビューのトルソワとアンナ・シェルバコワの15歳コンビは4回転が武器。トルソワは4回転のルッツとトーループを降りたが、2連続3回転で転倒し「練習では安定しているが失敗してしまった」。4回転ルッツで転倒したシェルバコワは「全体の滑りは悪くなかった」と話した。

平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワは芸者が主役のハリウッド映画「SAYURI」の音楽を用い、ジャンプでミスが目立ったが「理由は分かっているので修正していく」と語った。15年世界選手権女王のエリザベータ・トゥクタミシェワはトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を着氷し、16歳のアリョーナ・コストルナヤは表現力の高さでアピールした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン