/

フィギュア全日本ジュニア、女子は松生V 男子は本田逃げ切る

(更新)

フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権最終日は23日、青森県八戸市のフラット八戸で行われ、女子は16歳の松生理乃(愛知・中京大中京高)が合計198.38点、男子は18歳の本田ルーカス剛史(木下アカデミー)が209.48点でともに初優勝した。2人は日本スケート連盟の選考基準を満たし、世界ジュニア選手権(来年3月・ハルビン=中国)の代表に決まった。

女子の松生はほぼミスのない演技で、前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位となった。SP2位の吉田陽菜(木下アカデミー)はフリーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させ、合計189.49点で2位。ジュニアより年齢区分が下のノービスから出場した12歳の島田麻央(木下アカデミー)が173.44点で3位と健闘した。

男子はSP首位の本田が、フリーは3位ながら逃げ切った。SP5位の三浦佳生(コーセー新横浜プリンスク)が2種類の4回転を決めてフリー1位となり、合計207.71点で2位。三宅星南(関大)が3位だった。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン