/

池江「全5種目で日本新」 競泳W杯東京大会へ意気込み

競泳のW杯東京大会の記者会見で記念撮影する(後列左から)池江璃花子、坂井聖人、瀬戸大也ら(24日、東京辰巳国際水泳場)=共同

短水路(25メートルプール)で争う競泳のワールドカップ(W杯)東京大会(25、26日)に出場する有力選手が24日、東京辰巳国際水泳場で記者会見し、リオデジャネイロ五輪女子100メートルバタフライ5位で16歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)は「出場種目全てで(短水路)日本新を出したい」と意気込んだ。50、100メートルのバタフライなど5種目を泳ぐ。

同五輪男子400メートル個人メドレー銅メダルの瀬戸大也(JSS毛呂山)は6種目に登録。W杯で海外を転戦し「体はきついが、勝負にこだわりたい」と話した。男子200メートルバタフライ銀メダルの坂井聖人(早大)は「強いライバルも出て刺激になる。自己ベストを狙う」と抱負を語った。女子200メートル平泳ぎを制した金藤理絵(Jaked)は所用で会見を欠席した。

女子400メートル個人メドレーなどで3つの金メダルを獲得したカティンカ・ホッスー(ハンガリー)らも出場する。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン