/

巨人、梶谷と井納がそろって入団会見 DeNAからFA

巨人にそれぞれDeNAからフリーエージェント(FA)権を行使して入団した梶谷隆幸外野手(32)と井納翔一投手(34)が14日、正式に契約を結んだ。梶谷が4年契約で総額8億円、井納が2年契約で総額2億円。背番号は「13」と「21」に決まった。

DeNAから巨人に移籍し、入団記者会見でグータッチを交わす(左から)井納翔一投手、原監督、梶谷隆幸外野手(14日、東京ドーム)=共同

2人は契約締結後に東京ドームでそろって入団記者会見に臨み、満面の笑みを披露。梶谷は「新しい経験をしたいという思いが強く決断に至った」と移籍を決めた理由を説明。井納は「伝統あるチームの一員としてやれるうれしさがある。一年間、ローテーションで投げる」と意欲を示した。

会見に同席した原辰徳監督は「2人の入団は素晴らしいこと。非常に心強い。堂々と思い切って伸び伸びと戦ってもらいたい」と期待した。

巨人は9年ぶりの日本一奪還に向けて投打を補強した。今季セ・リーグ2位の打率3割2分3厘をマークした梶谷は「今年初めて打率3割を打った。それを継続したい。1番で出る以上は出塁率に重点を置きたい」と笑顔を交えて語った。井納は「投球回は一番、その次に防御率。そこにこだわりたい」と語った。(金額は推定)〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン