/

ボクシング井上尚弥、報酬1億円超 31日の防衛戦

世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)のバンタム級統一王者の井上尚弥が所属する大橋ジムの大橋秀行会長が5日、オンラインで取材に応じ、31日に米ネバダ州ラスベガスでジェーソン・モロニー(オーストラリア)との防衛戦に臨む井上尚のファイトマネーが100万ドル(約1億500万円)だと明かした。

新型コロナウイルス禍で4月に予定された他団体世界王者との統一戦から、相手や時期が変わった。入場料収入のない無観客開催となったが、軽量級では破格の金額。同会長は評価の表れとし「夢のある金額。これはスタートで、いい試合をすればさらに上がっていくだろう」と語った。

井上尚は渡米前にスパーリングなどで調整を続けている。大橋会長は「フットワークが著しく伸びている。練習では完璧に近い状態」と太鼓判。バンタム級で世界主要4団体の王座独占の可能性に触れ「来年にも十分ありうるし、そのつもりでやっている」と述べた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン